★「断熱」と「遮熱」から見えてくるもの

 

「苦労する節電」!?

 HEMS・BEMSなど 横文字が踊ると最新式と思われがちですが、

 文明の利器をこれまでの断熱建築に単に装着したものであると気付かれると思います。

  消費エネルギー「見える化」の否定ではありませんが、

 昨今の節電対策は未だ「人」が「苦労する節電」となっているのが実情です。

 人の顕熱・PCや諸家電製品等の放熱など夏季の室内に於ける温熱環境は大変

 過酷であることは皆さん既に経験されていると思います。

 なぜ主体者であるはずの「人」が、節電に対し熱中症に近い状態迄、ガマンをしなけ  

 ればならないのでしょうか?

 

「節電」はしなくて良い!? 

 「苦労する節電」は本来「建築躯体」に負担させるべきです。

   それによりストレスの無い「楽しい節電」が生まれます。

 それはどうやって確立できるのでしょうか?

 答えは簡単です。

 建築躯体、或いは希望する空間への遮熱化で ご期待に応えられます。

 民生用建物で電気代の消費量が最も多い家電がエアコンなのです。

 割合は全体消費の48%と言われているほどです。

 無理なくエアコン稼働率を抑えることこそ、真のスマート建築だと思います。

 省エネ率63% 高遮熱シート「リフレクティックス」による遮熱環境建築で、

 「人」が建築物に対しイニシアチブを取ることにより、無理なく本当の「楽しい節電」

 が図れることでしょう。

 

 

 

★断熱から遮熱時代

 これまで我が国の建築物は断熱材に立脚した考え方で展開してきました。

 その事でさまざまな問題点を引き起こしてきたことは 皆さん周知の通りです。

 宇宙産業で採用された高遮熱シート「リフレクティックス」

 63%を誇る省エネはもちろん、地球温暖化対策、熱中症対策、電磁波過敏症対策、結露対策、カ

   ビ対策、ブラックグローブ現象対策が可能となり、これまで断熱工法が成しえなかった諸問題を

   抜本的に解決致します。

★ 番組タイトル 「遮熱新時代 ~地元ビルダーの挑戦」です。

  2013年2月23日 PM1:30 山形テレビによる特別番組が放送されました。

    東北地方は、特に「結露」も大きな問題点となっています。

  これまでの断熱材では不可能とされた諸問題点を

  高遮熱シート「リフレクティックス」が見事に解決致します。

  一方で意外にも山形県は、夏季の外気温は全国的にも暑くなる地域として知られています。

  一年を通し寒暖差の顕著な地域であっても春夏秋冬 建築物が存在する以上

    半永久的に熱線反射し続ける高遮熱シート「リフレクティックス」

  その技術を ぜひご覧ください。